制作実例

デザイン制作のやり方
デザイン制作のやり方
横断幕を作りたいけど、PCがなくて印刷データを作れないという方向けのサービス、デザイン制作のやり方をご紹介します。
タペストーリーでは印刷データを作れないお客様向けにデザイン制作を無料で行っております
 
今回は流れにそってデザイン制作のやり方をご紹介いたします。
 

1.商品を注文する


お客様ご希望の幕の生地とサイズを選んでご注文。
注文を進めるとデザイン制作のありなしを確認する項目が出てくるのでデザイン制作『あり』を選んで注文を終えます。
 

2.必要データを送る


すでにデザイン制作で必要なデータが手元にある場合は注文完了後に表示されるデータ入稿ページからデータを送ってください。
この時点で何が必要か不明な場合は飛ばしてもOKです。
 

3.タペストーリーからメールが届く


注文完了時やデータ入稿を確認後、タペストーリーからデザイン制作に関するメールが"2通"届きます。
一つはデザイン制作に必要な素材のご案内メールです。
ラフ画、使用する画像、テキスト、アンケートなど、デザイン制作に必要な素材をお知らせします。
例えばロゴデータのみご入稿済みのお客様の場合ですと「ラフ画とテキストとアンケートが必要です」と届きます。
[必要なものの例はあとで詳しく説明いたします]
もう一つはテキストとアンケート用メールです。
幕に入れるテキストを記入していただくためのメールです。
アンケートには必要事項の記入をお願い致します。
 

4.初稿提出日のご案内


デザイン制作に必要な素材がすべて揃うと初稿提出予定日をお知らせいたします。
初稿提出はデザインの素材がすべて揃ってから2~3営業日
例えば月曜に素材がすべて揃った場合、2~3営業日後の水曜日か木曜日
金曜日に素材がすべて揃った場合は火曜日か木曜日
このようなスケジュールでご提出となります。
※土日祝は営業日にカウントいたしません。
 

5.デザイン確認 [OKの場合]


お客様が初稿を確認して、デザイン画OKであればメールに返信でデザインOK返信が必要になります。
発送日が確定したらタペストーリーからお客様に発送日のお知らせメールが届きます。
 

5.デザイン確認 [NGの場合]


提出したデザインに修正を行う場合は修正内容をメールに記載して返信が必要になります。
デザインの修正提出は修正依頼のメールをもらってから1~2営業日での修正提出になります。
※土日祝は営業日にカウントいたしません。
 
 
修正確認後デザインがOKであれば5の流れで順次印刷工程へと進めて行きます。
デザインには以下の物をご用意ください。
・ラフ画
ラフ画はどんなデザインにするかを表したもの。
手書きでロゴの配置場所や文字を入れる場所を記してもらえればOKです。
 

 
このくらいの指示でOKです。
・画像データ
画像データは横断幕内に入れる画像のデータ。
先のラフ画のようなデザインの場合、ロゴデータをお願いします。
 

 
画像データはお客様でご用意してください。
※ボールの画像程度ならタペストーリーであるので用意不要です笑
・テキスト
テキストは、幕に入れる文字。
デザイン制作のアンケート内にテキストを記入する欄があるので、幕に入れる文字はすべてその欄にご記入ください。
例でいうと『一籠闘魂』と『○○クラブチーム』のところがでテキストになります。
※タペストーリーでテキスト入力作業がある場合は有料になります。
・アンケート
アンケートはどんなデザインにしたいかをご確認するメール。
文字の書体や太さ、使用したい色などを確認するためにおこないます。
アンケートでいろいろと指示をもらったうえで、制作に入らせていただきます。
これらの素材がすべてそろって完成した初稿がコチラ!!
 

 
こんな感じでできあがり!!
スポーツに限らず、学校の各種行事やお店の店頭用の垂れ幕などなど。
お客様がデータを作れないくてもタペストーリーでデザイン制作で幕が完成します。
印刷データで困ったらまずは試しにプロに相談!!
デザイン制作できるかご連絡ください。
 
タペストーリーは
データ入稿/ターポリン印刷、タペストリー制作、横断幕や垂れ幕や養生幕の激安専門店です。
横断幕や垂れ幕の印刷をはじめとし、養生幕ターポリン印刷、タペストリー制作(加工・印刷)を行っております。
激安の横断幕をお探しの方は新潟の印刷会社タペストーリー(TapeStory)で!東北地方にも早急に対応いたします!

<戻る

お問い合わせお問い合わせ