メッシュターポリン

メッシュターポリン印刷 1200mm×9000mm【強風対策】

カット無料

代引き無料

屋外・屋内

破れない

耐水OK

送料無料

メッシュターポリン印刷 1200mm×9000mm 風抜けの良い、メッシュ状のターポリン生地に印刷を施した商品です。 風を透過させるので、通常の屋外でのご利用のほか、建設現場や野外フェス、屋外レジャー施設やスタジアム、球場などでご利用いただけます。 中長期的な常設で、効力を最大限発揮します。 素材:ポリエステル 防炎ラベル:対応 印刷方法:インクジェットプリント(溶剤) 厚さ:310〜370ミクロン(0.31〜0.37mm) 用途:建設現場の足場幕/ビル壁面の広告幕/野外フェスの巨大バナー/港湾周辺の案内幕/屋外駐車場の案内幕/スタジアム設置のクラブチーム横断幕/屋外レジャー施設の看板等
59,800円(税抜) 65,780円(税込)

数量

※購入前に必ずこちらの注意事項をご覧ください!

おススメ加工
  • データ確定とは、入稿データ+サイズ、ハトメ位置等の仕様詳細まで決定した状態を指します。加工等確認事項メール・電話のお返事がいただけない際の納期保証は致しかねます。
  • 14時以降のデータ確定で翌営業日発送ご希望のお客様は「特急料金」をご注文くださいませ。
メッシュターポリンについてよくあるご質問
Q1:メッシュターポリンはどんな素材ですか?
A:メッシュターポリンは、細かい穴が開いているメッシュ素材のターポリンです。通常のターポリンと比べ、細かい穴から風が抜けていくので風の抵抗を最小限に抑えることが可能です。 「強風に煽られてハトメがちぎれた!」なんてことが無いように、風が心配な場所(ビル風や台風対策)に最適な素材です。
Q2:風抜け用の穴は目立ちますか?
A:穴は1mmに満たない小さいのでそんなに目立ちません。ただしやはりどうしても穴が開いているので細かいデザインには向きません。 タペストーリーでは無料生地サンプルもご請求いただけますのでぜひ一度直接手に取り穴の大きさなどご確認くださいませ。
Q3:どんなところで使用されていますか?
A:メッシュターポリンは、建築現場の建築幕やビル壁面の広告幕など、風が強い環境でご利用いただいております。
その他にも公共施設、野外フェス、屋外レジャー施設、球場、競艇場などが挙げられます。
Q4:穴が開いていて文字はきちんと読めますか?
A:はい、読めます。ただし細かい文字は読めません。大きい文字等のデザインであれば全く問題なく見えます。「小さい文字があるけど大丈夫かな?」と心配な方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。 タペストーリーのスタッフが親切・丁寧にご案内させていただきます。
Q5:四辺縫製加工とはどんな加工ですか?
A:四辺縫製加工とは四辺を折り返しミシンで縫う加工です。通常はお客様の指定のサイズに断裁しそのままになりますが「強度を増したい!」「繊維が出てくるのが気になる!」といったお客様にはオススメの加工になります。 タペストーリーの縫製加工は通常の糸よりも少し太いターポリン用の糸を使用しております。ですが糸のお色が白か黒からお選びいただけるのでお客様のデザインを損ないません。また「絶対切れない!」というわけではありませんが切れる確率はグンッ!と下がります。
タぺストーリーのターポリン印刷は 屋外広告専用の大型機械で印刷しています。
新開発のプリントヘッドを使用
高速印刷を実現する新開発のプリントヘッドを採用しているので、高密度プリントとインクの高い着弾精度が可能になりました。
これによりきめ細やかな高画質印刷を実現します。
速乾インクで短納期
印刷に使用しているインクは速乾性に優れているので、従来の印刷機に比べて素早く印刷することが可能です。
抜群のインクの速乾性により印刷・加工・発送とスピーディーに行えます。
これにより短納期でのお客様への発送を行っております。
濃度に合わせてドットサイズ調整
印刷する目標濃度に応じてインクのドットサイズをコントロールすることにより、深いシャドウ品質と、なめらかなハイライト品質を両立します。
鮮やかなグラデーションやきめ細かな肌の質感など、色彩豊かな横断幕をお届け致します。
お問い合わせお問い合わせ